FC2ブログ
2018. 02. 17  
言い尽くされているけれど

始まれば

必ず終わる


誰が見ても

分かるように終わることもあるが

個人の物語は

個人の内側で終わる


誰かに気兼ねしないことだ


Call


個人への呼びかけは

その個人にしか聞こえない


誰かに気兼ねするということは

誰かの目で

自分を見ること

誰かの耳で

聞こうとすること


自分への呼びかけは

誰かの耳では聞こえない



2018. 02. 06  
mission

の刻印を知りたいなら

自分の歴史を遡っていく


成人式・・・


高校の頃…


中学の頃…


小学校・・・


もっと・・・小さい頃は…



一番最初に心を奪われたことは何だろう


一番最初にハマったことは何だろう


一番最初にどうしても欲しかったモノは何だろう



小さいけど大人より分かっていたことは何だろう



その エッセンス は何?



大人になっていくと忘れてしまう

理由なく どうしても譲れない

パッション


大人が分かってくれない

自分にはどうしようもない

癇癪を起こすしかなかったこと



の刻印は

そこに見つけることができる

この世に慣れてしまう前

できないこととやってもいいことを

考え始める前の

やりたいことは

必ずできると信じていた頃の

やりたいことに

の刻印がある


2018. 02. 04  
停滞は自分が作っている

リスクを恐れる気持ちが強いと

動け無くなる


拳を作って

胸の・・・

心臓のあたりを

トントン 叩いてみる


自分の鼓動に合わせて

トントン・・・

トントン・・・

ほんの少しだけ

ワクワクが戻ってくるだろう


ワクワクは

魂の声


こころが躍る方へ向かえ

ワクワクする方へ向かえ


鼓動がする方へ

こころが躍る方へ


本当に行きたい所へ行け


魂はそう願っている


2018. 01. 31  
使命

そんなに簡単に分かったら

特別な意味を込めて


と言わない



もし、わかったら

楽になると思う


そういう声が聴こえる


逃げるための手段を

使命mission と

いっちゃいけない






2018. 01. 25  
誰にも「使命」がある

それは

自分が

「代替不可能」な存在

と分からなければ始まらない


逆に

自分が誰かの代替えになりたい

と思っているなら

分からない



例え

誰かを羨ましいと思って

誰かに取って代わって

奪って

自分が出し抜いたところで

何が分かるのだろう…



自分は「代替不可能」な存在


代替不可能な人生を

代替不可能な自分が

右往左往して

たまに転んで

横に誰かの存在を認めて

たまに手を携えて

たまにたった一人で

歩いていく

その行程が代替不可能


その先に

果たさないといけない

ナニカが見えてくる


全部が代替不可能と分かる必要がある




プロフィール

こころの声を聴く案内人 Misa

Author:こころの声を聴く案内人 Misa

こころ、いのち、たましい、soul、spirit
内側の声を聴く心理カウンセラー

検索フォーム
カレンダー+最終更新日
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
「生きにくさ」のサポートメールマガジン
生きにくさを抱えるあなたのサポートメール
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス